山爺の山ログ

山爺の好きなことを語る憩いの場

『カメラ女子』は『ハイブリッドカメラ女子』へと変化している!?最近の『カメラ女子』のカメラ事情!

写真を撮ってSNSにアップしていいね!をもらう。SNSはカメラを使用しているしていないに関係なく、限りなく生活の一部へと昇華してきている。ショッピングやキャンプ、ドライブやDIYなどの写真をupして『いいね!』をもらうために行っている人も、男性女性ともに少なからずいるのではないでしょうか?

カメラ女子はハイブリッドカメラ女子へと進化する!?

世間は今カメラブームであり、Instagramなど写真に特化したSNSに人気が集まり『カメラ女子』や『インスタ映え』『インスタグラマー』などカメラ・写真に由来する言葉が生まれている。最近はあまり聞かなくなったが『セルカ棒(自撮り棒)』なども写真に関する用語ですね。

ある会社が過去に行ったアンケートにこんなものがありました。全国500人の『カメラ女子』を対象に使用しているカメラは何かというものです。そのアンケート結果から『カメラ女子』は『ハイブリッドカメラ女子』へと進化してきているという面白い結果となりました(全国500人は母体としては少ないが。それなりに結果的に的を得ているのではないかと思われる)。最近ではスマホとカメラの両方を使いこなすことから『ハイブリッドカメラ女子』と呼ばれているようです。僕は初耳ですが(笑)最近のカメラはスマホとの連携(SNSへの投稿のしやすさ)を強化し全力で売り出しているため、『ハイブリッドカメラ女子』という言葉が生まれるのは必然なのかも知れません。

f:id:yamapiclog:20170815115051p:plain

スマホ:約45%、ミラーレス一眼:約5%、一眼レフカメラ:約10%、コンデジ:約80%、その他(フィルムカメラトイカメラなど):約10%

使用しているカメラの内容について、個人的に驚いたのはコンデジスマホを上回っているということです。また一眼レフカメラがミラーレス一眼を上回っているのも興味深い結果だと思います。

カメラ女子のカメラ事情について

男性の僕が考察するのは申し訳ないですが(汗)

女性はファッションや美容、趣味や女子会など男性よりどうしてもお金がかかってしまうイメージがあります。そのため、コスパ面でコンデジが支持されていると考えられます。コンパクトデジタルカメラだけあって、普段の使用しているカバンに気軽に忍び込ませることができる。このどこにでも持って行ける利便性が人気のひとつなのではないかと思われます。

コスパ面で考えると次はミラーレス一眼が選ばれると思われましたが、アンケート結果ではそうではないみたいですね。これは過去にコンデジを使用していた人がステップアップとしてミラーレス一眼ではなく一眼レフカメラに乗り換えた、もしくはコスト面以上にカメラや写真に対する関心の高さが一眼レフカメラ購入に繋がったということではないでしょうか?SNSがその関心を引き上げるのに一役買っているのは間違いないでしょうね!

しかしミラーレス一眼・一眼レフカメラを合わせてもコンデジには全然届いていません。コンデジと比較するとどうしても大きく重たくなってしまうため、持ち運びを考えるとある程度の覚悟が入ります(笑)カメラを始める際に、いきなり一眼レフカメラとなると使いこなせるか不安、コンデジと比較すると値段が高いことがコンデジを購入するに至るといった具合でしょうか?

年代によって選ばれるカメラに違いが出ている!?

10代や20代の前半の女性(新社会人)は、スマホコンデジの組み合わせが多いようです。20代後半から30代にかけてミラーレス一眼、一眼レフカメラの率が高くなっているようです。この変動には、ステップアップをするという理由だけでなく、「子ども」存在が関係しているようです。

10代、20代前半の『カメラ女子』が主に撮る写真は、「食べ物」や「景色」、「自撮り」が多いようですが、20代から30代の『カメラ女子』が撮る写真は、上記の被写体+「子ども」が入ってきます。そしてこの「子ども」が占める割合が大幅に増加しているのです。また面白いことに赤ちゃんの時にはスマホ、1~3歳にかけて無邪気で活発になってくるとミラーレス一眼や一眼レフカメラを購入するようです。小学性になると運動会という一大イベントに合わせてママの一眼レフに感化されたパパがフルサイズデビューしちゃうんでしょうね(笑)

フォトブックについて

『カメラ女子』という言葉が周知され、カメラやSNSなどハードやソフト面でもかなり便利になっているにもかかわらず、撮った写真は現像せずにスマホ内やメモリーカードに保存したままという人が男性女性問わず大半みたいです。

しかし、18歳と22歳、30歳前後の女性ではフォトブック利用率は高いというピンポイントで普及していると結果が!?18歳と22歳での普及は、高校や大学の卒業旅行や個人の卒アル作成により普及しているようです。次に30歳前後では子ども成長記録としてフォトブックを作成したり、おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントとしてフォトブックが選ばれているようです。

僕もフォトブックを作りたいと常々思っているのですが、面倒くさいが先立って先延ばしさになってしまってます(汗)また今度作ろう~(笑)

おわりに

今回はいつもと違った内容の記事となりました。書き始めた時は、全然違う内容の書いていたんですが、気がつけばこのような内容となっていました(笑)

あくまで過去のアンケート結果を参考にしているため、今現在の調査結果と比較してみると、内容もガラッと変動しているかもしれません。また見つけ次第、過去と現在の変化について書いていこうと思います!

今回は『カメラ女子』についてでしたが、次は『カメラ男子』についても触れていきたいですね!書いていて楽しかったです♪

お~わり。