山爺の山ログ

山爺の好きなことを語る憩いの場

電気自動車をいつかは所有したい!

クルマ大好き山爺です🚗

ハイブリッド車は以前より増加傾向ですが、最近はEV車やプラグインハイブリッド車

環境汚染の観点などから、ダウンサイジングが主流となり排気量を抑え、その分を電気モーターで補うハイブリッド車が主流になりつつあります。

 

最近の山爺的目玉というと、NISSAN NOTE e-POWERです!

NOTE e-POWERといえば、発売3週間で2万348台を受注するという脅威的な数字を叩き出している。正式にいうとNOTE e-POWERはEVではありません!

EVというのは電気自動車です。電気自動車は外部から充電蓄電し運転(消費)して動かすクルマです。しかし、NOTE e-POWERは駆動は電気駆動ですが、電気を発電するためにガソリンを使用するというものです。僕が説明してもわかりにくいと思いますので下記の動画をご覧下さい(笑)

youtu.be

youtu.be

 

クルマの購入するときにみなさんが重要視するポイントはなんでしょうか?

もちろん車両価格は当たり前ですよね。

ではそれ以外で重要視するとなると、

燃費、エクステリア(外装)、インテリア(内装)、ハイブリッド車orガソリン車かですかね?

独身であればエクステリア・インテリア重視になり、結婚し家庭があるとインテリアと燃費を重要視する比率が上がってくるのではないかと勝手に思っています(笑)

このNOTE e-POWERの燃費はJC08モードで37.2km/Lという脅威の値を打ち出しました!

 

 

NISSANエコカーで忘れてはならないのがNISSAN LEAFです!

ev.nissan.co.jp

「発表されたときはスゴイ車だけど購入となるとちょっとな~」という感じでした。その理由として、発売当初は充電スポットの不足が大きな課題となっていました。充電スポットを探すのにも一苦労で気軽に遠出ができませんでした。ガソリン車と違いすぐに充電ができないんですもん(汗)それってすごく怖いですよね。充電がなくなれば動かなくなっちゃいますもん…

現在では充電スポットが大幅に増え充電が無くなる前に充電が可能ですので、気軽に遠出ができるようになりました。去年のマイナーチェンジで航続距離が228kmから280kmまで改善しています。グレードの選択ができるようになりました!

LEAFのインテリアは改良してほしい点が多々ありますが、やっぱり完全EVは魅力的です。エンジンを始動しなくても、エアコンが使いたい放題です(笑)僕は自分のクルマの中でパソコンや雑誌を読んだりするのが好きなんです(笑)なんかプライベート空間って感じですごく落ち着くんです。

でもアイドリング状態で車内でくつろぐのは燃費が悪くなりますし、お財布にも悪いです。でも電気自動車なら燃費なんて気にしなくていいし、今なら『旅ホーダイ』というサービスが開始され月2000円(税別)で充電し放題なんです!超お得~~!

 

 

日本車だけでなく海外に目を向けてみると、先進技術、機能性、高級感で頭2つくらい飛び抜けている『Tesla Model S』です。

イーロン・マスク氏率いるTesla社の第2弾EV車です。第1弾はロードスターと呼ばれるものです。第3弾は『Model X』という現在人気の高い『ファルコンウィングドア』を搭載したSUVタイプです。

car.watch.impress.co.jp

米テスラモーターズ、大人7人が乗れる電気自動車のSUV「モデルX」を発売 - Car Watch

 

そして現在絶賛人気急上昇中の『Model 3』です。このModel 3はお金持ちのセレブ達でしか買えなかったTesla車を一般ピーポーでも購入できるように値段を抑えたEV車です。

そしてTeslaといえば、自動運転補助機能である「オートパイロット」が有名です!

自動運転と聞くと近未来感を感じますが、実際に自分が体験するとなれば、不安を感じます。では、自動運転時にはどうなっているか以下をご参照下さい!

car.watch.impress.co.jp

気になる『Model S』お値段なんですが、最上級グレードで1623万8000円となっております。無理です。まぁ無理です。不可能です…

 

ですがModel 3の特徴は一般ピーポーにお求めやすくなったことです!

3万5000ドルになるようです。日本での販売価格はまだ発表されていません。2018年2月16日で換算すると402万円です!買えないことは…ないかな…!?最上級グレードと比較すると1/4ですからすごいですね(笑)

値段的なところも後押ししてスゴイ人気見たいです!どれだけスゴイか下記をご参照下さい!

テスラ、新型EV「モデル 3」の受注台数が1週間で32万5000台に - Car Watch

テスラモーターズ、3万5000ドルで航続距離約346kmの新型EV「モデル 3」を初公開 - Car Watch

 

 

というわけで、Model Sかっこいいな~

現実的に考えるとModel 3ほしいな~

電気自動車でドライブして写真撮りに行きたいな~~~~~!

終わり!