山爺の山ログ

山爺の好きなことを語る憩いの場

Nikon『AF-P DX 10-20mm f/4.5-5.6G VR』で京都の神崎海水浴場で夕日を撮りに行ってきました!

夕日を見るために、急遽思いつきと勢いで京都の『神崎海水浴場』へ行ってきました。

到着したのは18:00前後でしたまだまだ明るかったですが、地元の子供とおばあちゃんの3人しかいませんでした(笑)そのため、砂浜も貸し切り状態です♪写真撮り放題でした!

海🌊

f:id:yamapiclog:20170804201013j:plain

到着した時にはまだ 日も出ていたのでいい感じの青空が撮れました!

広角レンズおもしろ~い♪

f:id:yamapiclog:20170804200859j:plain

すごく綺麗✨

海辺ってなんでこんなに空が綺麗に映るんだろう?

f:id:yamapiclog:20170804200411j:plain

少しずつ日が暮れてきました。いや~コレはこれでいい感じですね!

f:id:yamapiclog:20170804200353j:plain

ちょっとずつ空が暗くなってきました。

f:id:yamapiclog:20170804200954j:plain

夕日っぽくなってきましたね!

大体同じ場所から撮っていました。空の色や夕日によって写真の印象も違いますね☆

f:id:yamapiclog:20170804200917j:plain

f:id:yamapiclog:20170804200938j:plain

サングラスフィルターです(笑)

意外と面白い写真が撮れましたね!

ぜひ一度やってみて下さい!結構ハマりますよ(笑)

本日のベストショット

f:id:yamapiclog:20170804200859j:plain

f:id:yamapiclog:20170804200954j:plain

綺麗な青空と夕日を今回は選んでみました。

こんなに綺麗な青空が撮れたのは驚きです。大満足です!

おわりに

Nikon『AF-P DX 10-20mm f/4.5-5.6G VR』かなり楽しいですね!

こういう景色を撮るときにはかなり重宝しますね!

改めて広角レンズの楽しさを知りました。こういう発見があると写真を撮るのが楽しくなりますね♪

 

おわり~

大阪で唯一の日本の滝百選『箕面大滝』

今年の目標の1つであった大阪にある日本の滝百選『箕面大滝』へ行ってきました。

車で行かれる際には箕面の滝の上に位置する「箕面 大日駐車場」を利用するのをオススメします。駐車場から滝まで徒歩約10~15分程度でいけますし無料ですよ~!

8月8日~16日のお盆の時期と紅葉シーズンの10月24日~12月6日は有料になるようです。

※有料になるのは確かですが、日にちに関しては若干のズレがあるかもしれません(汗)

箕面の滝について

http://img01.citylife-new.com/usr/minopark/map2.jpg

箕面公園 公式サイト : 箕面公園散策マップ

箕面大滝』は年間200万人の観光客が訪れる場所で、単純計算で1日平均5,480人なります。でも実際に毎日5,480人が訪れているわけではなく、紅葉の名所としても有名ですので、10月~12月にかけてかなりの人が訪れるのだと思います…やばくね!?

総落差は33m、滝幅は5mの直瀑です。今の時期は青空と緑と滝の相性が最高ですよ。子供もたくさんいましたけど、滝そっちのけで川遊びをしていました(笑)子供って無邪気でいいよね~体力無限だもんね~次の日の仕事の事なんか考えなくてもいいもんね~(笑)

箕面大滝』は人工滝!?

過去にTVで箕面大滝は人工滝という誤った報道がされたそうですが、

箕面大滝』は天然の滝です!

 2006年12月14日、毎日放送のニュース番組『VOICE』が、「景勝地に衝撃の事実…箕面の滝は人工滝?」と題して「トンネル工事で大量の水が湧き出し、周辺の川が枯れた」「滝壺に流れ落ちる大量の水は、なんとポンプで吸い上げたもの」「箕面の滝は自然の滝ではなく、人工の滝」と報じた。その後、複数のマスコミが取り上げ、箕面グリーンロードのトンネル工事の影響で箕面滝が人工の滝になったとの風評が広がった。

箕面グリーンロードは、湧水をポンプにより送水して箕面川に放水しているが、放水ポイントは箕面滝から3.4キロメートル離れており、箕面川に複数ある支流の1つに過ぎず、その間には治水ダムである箕面川ダムがある。箕面グリーンロードの湧水放水と箕面川ダム下流にある箕面滝の水量の関係は完全に否定される。

先述のテレビ番組では、トンネル本坑貫通後の箕面滝の水量データを示して「水量減少の原因はトンネル工事」としていたが、使用されていたデータは2003年(平成15年)から2005年(平成17年)にかけて降水量が大幅に減少していた期間のものであった。箕面大滝の総水量は年間降水量と連動する傾向にあり、番組で使用されたデータの期間後においては、年間降水量の増加とともに箕面滝の水量も増加している。

箕面市長の倉田哲郎は、2014年8月の集中豪雨による箕面滝の増水に際して「滝はポンプを止めれば大丈夫ではないのか」との問い合わせがあったことを明かし、報道から8年経っても箕面滝が風評被害を受けていることや、風評の発生経過及び風評に根拠がないことを自身のブログで解説し、改めて報道の訂正を求めている

 箕面滝 - Wikipediaより一部引用

さらに詳しい詳細はWikipediaを参照して下さい。わかりやすく書かれていますので!

人工滝の可能性は否定されているのに、報道の訂正はされていないようです...悲しいですね。このブログを見て、少しでも正しい情報が広まることを願います。

では写真いっきま~す

f:id:yamapiclog:20170801205834j:plain

この滝の写真...好きです(笑)

上は明るい緑、下は暗い緑で同じ緑でも明暗があり、ハリがありますね!

自然の中に存在する滝がまたたまらんですね!

f:id:yamapiclog:20170728223849j:plain

広角レンズ~♪

平日でしたが、夏休みということもあり人はボチボチいますね。殆どの人がカメラを持っていました(笑)Canonのフルサイズ+白レンズのが多かったです。羨ましい~

f:id:yamapiclog:20170728225405j:plain

滝壺です。う~んいいですね!

水しぶきが近くまでまぁまぁの勢いで飛んできます。涼しい~

これぞマイナスイオン

f:id:yamapiclog:20170728225629j:plain

なんとまぁ綺麗な滝なんでしょう!

さすが箕面大滝いい写真が撮れますな(笑)

f:id:yamapiclog:20170728230251j:plain

迫力が満点です!水の臨場感がいいですね。

f:id:yamapiclog:20170728230229j:plain

右奥の光が差し込んでいる感じが気に入ってます。

苔もいい味だしてますね(笑)

本日のベストショット

 

f:id:yamapiclog:20170801205834j:plain

f:id:yamapiclog:20170728225405j:plain

f:id:yamapiclog:20170728230229j:plain

おわりに

今回は広角ズームレンズ、標準レンズ、望遠レンズと3つのレンズを使用しました。レンズを交換する時ってカッコよくないですか?何て言うのか「写真撮ってます(笑)」って感じがしません?(笑)

ずっと行きたかった滝に行けて大満足です。

紅葉のシーズンにまた行きたいですけど、人がすごく多いんでしょうね(汗)でも行きたい!

 

おわりっ!